戦争で初めて使われた化学兵器・もっとも身近で危険な毒ガス「塩素」

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2020/08/18 Vol.394 もっとも身近で危険な毒ガス 塩素
改稿:2020/10/10

くられ
くられ

本日は、混ぜるなキケンで有名な、もっとも身近だと言える毒ガス、塩素について解説していこう!

Joker
Joker

毒ガス・・・先生はそういえば、塩素とか硫化水素とかさんざん被曝してますよね。

POKA
POKA

はっはっは。硫化水素の時は実にケッサクだったな!

くられ
くられ

塩素も実験中にアレでソレな感じで食らったからな。自慢ではないが、毒ガスを吸い込みそうになると息を止められる特技がある。

Joker
Joker

それだけ食らっているってことですよねそれ・・・普通の人より明らかに耐性が付いてますよね。

POKA
POKA

はっはっは。電撃と毒ガスは慣れるものだ!

Joker
Joker

慣れたくないなあ・・・

くられ
くられ

まあ、実際んとこ、有機リン系の神経ガスでさえ、人間は慣れるものだからな・・・研究してた博士はピンピンしてたのに見学者がバタバタ倒れたなんて話もある。

身近な毒ガス・塩素

トイレ用洗剤の混ぜるなキケン。どうしてキケンなのかといわれれば塩素がでちゃうからだよ・・・というわけで、じゃあどうして塩素が危ないのか? おさらいしておきましょう。

実は塩素ガスは戦争では最初に使われた化学兵器です。

この塩素ガスが戦場に投入されたのは、1915年(大正3年)、ドイツ軍と連合軍(主にイギリス)とが睨み合うイープルという戦場。4月22日夕方、突如ドイツ軍によって塩素ガスの噴霧攻撃が行われました。

この時に用いられた塩素の量はなんと70トン、その発射された塩素は長さ6km、幅60〜900m、高さ2〜3mの巨大な雲となりました。

当時毒ガスに対する防御策などを何も持たないイギリス軍は1日にして死者5千人、重軽傷者1万5千人を出す大打撃となり、戦線を大きく塗り替えることとなったのです。

ま、翌年にはイギリスやフランスも塩素はもちろん、ホスゲンやらをガンガン実戦投入したので、別にドイツが毒ガス独壇場だったわけではないんですけどね。

スポンサーリンク

塩素の物性

閑話休題。塩素は黄緑色の気体で、原子番号17番、ちょうど周期表でも17族なので覚えやすい。ハロゲンのフッ素の下にあるハロゲンの代名詞とも言えるごくごくありふれた元素です。

工業的には、塩化ナトリウムから塩素と水酸化ナトリウムという形で大量に作られ、主にその化合物がありとあらゆる化合物に使われています。

1気圧0度での1リットルの塩素は約3.29g 空気に対して2.49倍の密度を持ち、よって放出されると空気を押しのけ地面を這うように広がります。

このため毒ガスとしても使い勝手がよかったと言えるでしょう。ちなみに沸点は-33℃。つまり常温では気体です。

6〜8気圧にすれば常温でも液体になり、大気圧下でも-40℃で液化するので、簡単なコールドトラップで液体塩素を作り実験に使うことも難しくはありません。-102℃で固化します。

スポンサーリンク

塩素の毒性

また塩素自体は水によく溶けます。0℃の水1リットルに対して8.18gほどです。-8℃以下にすると、ソーダ的に溶けて常温に戻ると塩素がめっちゃでるヤバい氷の出来上がり。

塩素は呼気として入り込むと、激痛と痙攣を気管支内に起こし、その結果、呼吸困難を起こし、毒ガスとなるものです。

表を見て貰えば分かるように、その毒性は決して低いものではなく、簡単に発生させれる上にありふれた物質なので油断をしていると、けっこうアッサリひどい障害を負ったりするので注意。

高濃度の塩素を被爆して死んだ場合は、顔は褐色を帯び、唇は青ざめ、末梢の皮膚はやや緑がかった色となり死亡します。

とまぁ危ないガスなのでやっぱり迂闊に作ろうなんて混ぜるなキケンをしないほうが良いのである。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事

では、このように危険な塩素と、爆発性のある金属であるナトリウムの化合物である塩化ナトリウムは、なぜ口に入れても平気なのか・・・というのは動画をどうぞ。

塩は毒ガスと爆発性金属からできているのに口に入れても大丈夫なのか? 【化学:イオン】

トイレ用洗剤の話

塩素と暮らし

サリン事件を描いた書籍の書評

「空間除菌」というインチキ商品

冒頭茶番、神経ガスに慣れてしまった研究者の下りはガチです。dplayの記事で軽く触れております。

Dplay
タイトルとURLをコピーしました