シンクの中が雑菌の温床に!? 水回りは清潔にしよう!

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2014/08/12 Vol.80 三角コーナーは撤去 水回りを清潔に

三角コーナーは撤去撤去! いかにしてシンクを清潔に保つか?

水回りは清潔に。当たり前のことですが、意外と忘れやすいシンクの中の掃除の話です。

食器洗いは食洗機に任せても下ごしらえは水回りで行いますよね。でもその作業場が雑菌の温床になっていては、衛生面で台無しです。
特に夏場は、冷蔵保存する前に切りわけることも多いかと思いますがその前に水回りが雑菌汚染が深刻だと、食品にコンタミして鮮度を維持することも難しくなります。

食品を切りわけるときは、野菜と肉は必ず別にします。野菜を切った包丁でそのまま肉を切ると、野菜表面では栄養不足で大人しくしていた雑菌が暴れ出し、その逆もまた然りです。

当然、病原性菌でなければ食中毒はなかなか起きませんが、野菜についている土にはけっこうな頻度で食中毒菌がごく少量潜んでいるので、それを肉にぬりたくって保存するのはあまりよくないといえます。

切りわけは必ず包丁を一端流して拭く(家庭ではこの程度で十分でしょう)この一手間を惜しまない方がいいでしょう。

スポンサーリンク

そしてシンクには肉も野菜もあらゆる汁が流れ込み、そして細菌の塊であるバイオフィルム(ぬめり)が発生している流しも多く見られます。シンクの中は皿と同じくらいにピカピカにしておかないといけないわけです。洗浄スポンジで皿洗いのたびに、隅々まで綺麗にしましょう。三角コーナーなんてものは撤去します。生ゴミは必ず調理ごとに捨て、シンクから離れた位置に置きましょう。
排水溝ネットがある場合はそれを活用しますが、目詰まりして汚水が逆流するようなことがあれば、衛生管理が台無しです。毎調理ごとに排水溝ネットもゴミと一緒にとりかえましょう。

タイトルとURLをコピーしました