【最強の甘味料を求めて】くられ先生の甘味料の甘さ比較と安全性講座

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2020/08/25 Vol.395 最強の甘味料を求めて

Joker
Joker

・・・先生、そのこれ見よがしな、ドクロとかラジオアクティブとかバイオハザードのマーク付きの小瓶はなんですか? なんかいくつもありますが。

くられ
くられ

ああ、ただの目印だから気にしないで。中身はただの甘味料だから。添加物を目の敵にする奴には「こう」見えているんだろうなと思っただけだよ(笑)

Joker
Joker

実際には無害な量で使われているから全然問題ない、と、常々言われてますよね。

くられ
くられ

胡散臭いニセ科学系のモノの方が比較にならないほど有害である! というわけで、今回は甘味料の甘さ比較なんかをしてみよう。この特性ブレンド品を溶かした水をなめてみるといい。

Joker
Joker

では、少々拝借して・・・うわっ、甘っ、何これメッチャ甘い!

くられ
くられ

これだけ甘いのにカロリーはゼロである!

Joker
Joker

でも、なんかちょっと砂糖とは違う感じですね。舌に残り続ける甘さというか、なんかもう何食べても甘く感じそうなんですが・・・

くられ
くられ

ん、ちょっと量を多くしすぎたかな? まあしばらくすれば元どおりになるよ。たぶん。

Joker
Joker

たぶんて何ですか・・・ひょっとして当分このままですか?

くられ
くられ

糖分なだけにな!

Joker
Joker

カロリーはゼロだって言ったじゃないですか!

食品添加物の甘味料の話

食品添加物において、甘味料は砂糖だけではなく、カロリーゼロの人工甘味料の類いまでいろいろあります。

甘味はうま味とは相性の良いもので、カレーや肉じゃがといった、砂糖とは無縁な印象を受ける料理に、ほんの1さじ加えることで、大変にありがたいうま味を醸し出してくれます。

これは人間が進化の課程で「甘いものは栄養価が高い」という認識を培ってきたからに他なりません。

しかし飽食のこの現代。砂糖が美味しいからと、ついつい摂りすぎてしまいます。

そこで登場したのが、カロリーゼロないしはカロリーオフの、「甘味料」と呼ばれるものです。

今回は、代表的な甘味料と、その甘さの度合い、そして安全性などに触れていこうと思います。

スポンサーリンク

代表的な甘味料について

甘味料の甘さの比較

※グラニュー糖を1とする

エリスリトール:0.75倍
キシリトール:1倍(グラニュー糖と同じ甘さ)
チクロ:30倍(現在は使用禁止)※
アスパルテーム:180倍
アセスルファムK:200倍
サッカリン:300倍
スクラロース:600倍

※近年毒性の再評価の結果、発がん性などの危険性について問題ないという評価になっている。

スポンサーリンク

人工甘味料の安全性

まず、キシリトールやエリスリトールというものは、〜トールというようにアルコールの親戚のような構造をしたものです。

これらは糖アルコールといわれ、砂糖よりカロリーが低い、カロリーがない(消化できない)ものから、砂糖とは似ても似つかない化学構造を持ったものまで様々です。

アスパルテームやサッカリン、アセスルファムKなどと横文字を並べられ、そして、亀の子状の構造式を見せつけられると、さも毒であるかのような印象を受けてしまいますが、厳しいテストに合格した上で、ADIという無害量で扱われているので安全性は気にするまでもありません。

むしろ砂糖の摂りすぎを防いでくれるため、ソフトドリンクなどをよく飲む人には、多大なる貢献をしているとも言えるでしょう。

スポンサーリンク

市販されている「砂糖の代替品」

実際、単体で食品添加物として売られている他、これらの人工甘味料をうまく組み合わせた砂糖の代替品は、ダイエット用に普通に売られています。

味の素のパルスイートなんか見たり使ったりしたこともあるんじゃないでしょうか?

実際、成分を見てみれば、今回紹介した甘味料がいくつも配合されているのがわかると思います。

パルスイートには糖分の吸収を穏やかにし、血糖値の急激な上昇を抑える難消化性デキストリンも含まれていますね。

これはこれで、自分のダイエットコーヒーのレシピなんかにも採用していたりします。

スポンサーリンク

「低カロリー」と言いつつカロリーが高いものもある

人工甘味料は、食品添加物として認可されているものから、使用禁止のもの、そして新しいものと、大変に移り変わりの激しい添加物です。

まったく砂糖とはかけ離れた分子構造でも人間の味覚細胞が甘いと認識するキーとなる構造を持っています。しかし困ったことに、人工甘味料だけで砂糖とまったく同じ甘味を作ることは極めて困難です。

故に糖アルコールや、若干の液糖と美味く組み合わせることで、砂糖の摂取量を減らせるように工夫されている商品もありますが、「低カロリー」を謳っていても、しっかりとカロリーの高い飲料もあるので、食品ラベルをよく見ることをオススメします。

スポンサーリンク

オススメのアミノ酸「グリシン」を甘味料に!

また人工甘味料ではなく、アミノ酸である「グリシン」も甘味料として使えます。

こちらはアミノ酸なので、肉類と極めて相性の良い甘みで、煮込み料理や刺身醬油などに少しだけ添加するとか、ステーキソースにいれるなどといった肉系の甘みブーストにグリシンはめちゃめちゃ便利です。

わが家では砂糖の横にグリシンが普通の調味料として鎮座ましまししていますので、その使用頻度はなかなか高いと言えます。

グリシンは1kg入りで千円程度なのでコスパも最高です。

ただし買う時は必ず食品添加物のものを選ぶこと。たまにサプリ枠で売られているものもありますが、ぼったくり価格です。

グリシンについては詳細をまとめた記事が別にあるので、そちらも合わせてご覧いただくと、より理解が深まるかと思います。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事

グリシンの詳細はこちら

夏場オススメのグリシンごはん

ダイエットコーヒーのレシピ

難消化性デキストリンの働き

人工甘味料を悪者にする前に健康的な食生活を送ろう

ソフトドリンクが目の敵にされるワケ

食品添加物の重要な役割

世界における添加物の取り扱い

腐らないポテトの都市伝説

タイトルとURLをコピーしました