くられ先生の冬の風物詩:特製リンゴチップを作ってみよう!

生活と科学
乾燥剤で水分を抜く
スポンサーリンク

初出:2019/01/22 Vol.312 リンゴチップの作り方

Joker
Joker

先生、何を食べてるんですか?

くられ
くられ

ん、ああこれ。リンゴチップだよ。食べる?

Joker
Joker

頂きます・・・美味しいですね、これ。どこで売ってるんですか?

くられ
くられ

いや、自分で作った。そんなに難しくないよ。

Joker
Joker

・・・なんかウケそうな気がするんで、今度記事にしませんか?

くられ
くられ

いいよー(パリパリ・・・)

Joker
Joker

(パリパリ・・・)

※概ねこんな流れで本当に記事になりました(笑)

特製リンゴチップの作り方

寒くなって寒風吹く季節ならではのリンゴチップの作り方を今日は紹介します。

材料のリンゴはお好みで。安売りの微妙なリンゴで作ってもそれなりに美味しいですが、蜜入りの美味しいリンゴで作るとそれはそれでめっちゃ美味しいです。

リンゴをスライスする

リンゴは皮付きのまま、よく洗った後、包丁でスライスします。3ミリ〜5ミリ程度の分厚さにしておかないと、チップにしたときに薄くなりすぎてしまうので、スライサーなどを使う場合は、厚さが調整できるもので厚めにきるのがいいでしょう。

スライスしたリンゴは酸化して変色しやすいので、アスコルビン酸(ビタミンC)を濃いめに溶いた水にくぐらせてから干します。そうすることで適度な酸味も足されて見た目も良くなります。あとは干し網で干すだけです。

リンゴを干し、ノンフライヤーで加熱

冷え込む前の夕方に干して、一晩一回凍ると乾燥がすごく早く進みます。4、5日〜1週間ほど干すと、くたくたの水分が抜けた状態になるので、それ以上は水分が抜けないので、ノンフライヤーを使うと便利です。

ノンフライヤーとは、熱風を使って「油を使わず揚げ物を作る」という、そういう調理家電です。油を使わないのでヘルシーというアレ。

ノンフライヤーの設定だと90度で3、4時間という感じです。ノンフライヤーが無い場合はオーブンの低温で1、2時間、もしくはお菓子の空き缶などに並べてこたつの中に一晩おいておけばカリカリになります。

最後の駄目押し:暖かいうちに乾燥剤

また、暖かい状態でまだ柔らかいのは中の糖分が可塑性をもっているからで、その分、水分も抜けやすい状態になっています。

ここで、最後のダメ押しとして、熱いうちに袋に多めの乾燥剤と一緒に入れるのが大事です。

ちなみに乾燥剤は、食品用のシリカゲルがネット通販などで売られています。

封をして半日ほどおいておけば、ほとんどの水がなくなり、パリパリのリンゴチップができあがります。

時間はかかりますが、美味しいのでぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

関連記事

リンゴといえば、コラボカフェのメニューにもなったアップルローズタルトも美味しいです。

ケミカルクッキング!アップルローズタルトを自分で作ってみよう!
アリエナイ理科ノ大事典で紹介している薔薇のアップルパイ、コラボカフェ企画ではアップルローズタルトとして提供されたものの大元となるレシピは、実はメールマガジンが初出です。当時、二回に分けてお送りしたものを、今回は再編集した上でご紹介します。

宣伝

「アリエナイ理科ノ大事典2」、好評発売中です。2019年1月31日まで、購入者限定のプレゼントキャンペーンも実施しております。気になる方は「詳細ページ」からどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました