「添加物は危険」は真っ赤な嘘・安全な添加物を悪者にして儲ける連中

生活と科学
スポンサーリンク

食品添加物は「これ以上ないくらい」安全

「食品添加物は危険」「発がん性があるからこれは食べてはいけない」

未だに、こんな煽り文句が飛び交っています。率直に言って、これらは科学的根拠のない妄言以外の何物でもありません。

自分は大分前から、食品添加物の安全性を伝えるために、食品添加物に関して科学的根拠のある情報を吟味して、これまで本や記事で多数公開してきました。

正直なところ、これ以上「どのように安全性を示せばいいんだ」と考えてしまうレベルで食品添加物は安全です。

しかし、この「安全である」というのを正しく伝えるのは、思いの外、難しいんですよね。

スポンサーリンク

添加物という「敵」を作った方が儲けやすいという実情

食品添加物の安全性の試験は、それはもう石橋を叩いて壊す勢いで行われています。

なので、その手の数字だけをみて「発がん性がある」とか叩くのは、「毒は量である」という概念をほっぽり出しているので、まったく科学的だとは言えません。

どんなものでもアリエナイほどの量を摂取すれば、それは水でも塩でも体にとって害になるわけです。

そういうことをわかった上で、フードホラーを煽って商売にする連中がいます。

「安全なものを安全という」コンテンツと「安全に思えるものが実は危険」と訴えるコンテンツでは、そもそも注目度が段違いで、前者に勝ち目はありません。

こうした「添加物危険論者」は、そもそもにして、相手にしてはいけないのです。

スポンサーリンク

「添加物危険論者」は同じ土俵に立つ権利すらない

添加物の危険を訴えるのであれば、安全性を示した論文に対して、それを否定するに足る実験結果をまとめた論文を出すのが「科学」というものです。

そんな論文はまず見かけません。この時点で同格ではないので、討論の場に立つ資格がありません。

しかし、危険論者の言う「科学的主張」は、実際にはベースが感情論なのですが、何しろ口先で人の不安を煽るのが商売ですから、たとえ科学的な根拠が欠けていても、一般の人に対して「科学的に見えればOK」という圧倒的強みがあります。

この強みと口八丁によって、討論するとうっかり危険論者が正しいような印象を受けかねません。この世の「正しさ」は口先だけの論破したことが正しいわけではないのに・・・です。

だいたい、討論をして危険論と安全論を「同格」扱いしてしまった時点で、公式なお墨付きを与えてしまうことになります。なので、根本的に論理破綻している添加物危険論者を相手にしてはならないわけです。

スポンサーリンク

出典・関連動画

この記事のベースであり、より詳しく解説している取材記事

食品添加物に関しての動画

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事

食品添加物の重要な役割

食品添加物は悪者ではない

腐らないポテトの都市伝説

世界における添加物の取り扱い

実はすごい日本の水道水

人工甘味料と飲み物

タイトルとURLをコピーしました