ヘルドクターくられの夏場オススメ「美味しいケミカルご飯」の作り方

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2014/07/15 Vol.76 夏場のご飯にこそ添加物

Joker
Joker

先生・・・今日は暑くて溶けそうです・・・(ドロリ)

くられ
くられ

というか、溶けてるじゃないか、既に。ちょっと人の形を保つ努力しようよ。

Joker
Joker

こう暑いと、食べ物も傷みやすくで困りますよね。この前も炊いたご飯をちょっとほったらかしにしてたらダメになってしまいまして・・・

くられ
くられ

気温も湿度も高いからどうしてもねー。まあ、この白い粉をちょっと混ぜるだけで結構、日持ちするようになるけど。

POKA
POKA

はっはっは。あからさまに怪しい粉だな! 摂取すると見えてはいけないモノが見えるようになったりしそうだ!

くられ
くられ

人聞きの悪い・・・これはただのグリシンで、こっちはグルタミン酸ナトリウム・・・ただの「味の素」だ。ごくごく普通の添加物だよ。瞳孔が開いて良い夢が見られるクスリならコレ・・・あれ? どっちだっけ?

Joker
Joker

ダメじゃないですか・・・

くられ
くられ

冗談はともかく、グリシンご飯は夏場にはピッタリなのでぜひ試してみて欲しい!

夏場はご飯が傷みやすい

夏。日本の夏は気温と湿度が高く、非常に蒸し暑くなります。

そうなると心配なのが、食材について。生ものなんかは言うに及ばず、炊いたご飯も油断すると傷んでしまいます。

その時食べる分を取ったら、小分けにして冷蔵庫、ないし冷凍庫で凍らせて、食べる時にレンジであっためて食べる。

こういった気を使わないといけないわけですが、なかなか面倒です。

多少、炊飯器の中に入れっぱなしで忘れていても、ダメにならず、安定して美味しいままであって欲しい、というのが理想でしょう。

今回は、この理想を添加物で解決してみようと思います。ケミカルクッキングは日常で役立つのだ!

スポンサーリンク

古いお米を力技で美味しくする

本題のケミカルご飯の炊き方に移る前に、まずは、多少古くなってしまったお米でも美味しくご飯を炊く方法をご紹介します。

米というのはやはり新米がうまいわけですが、精米されて時間が経ってしまった、いわゆる「古米」であっても、そのまま炊くよりは美味しくする方法というのがあります。

それが「再精米」です。

玄米から白米にすることを精米というわけですが、既に精米されたものでも、もう一度精米して表面をひっぺがしてやることで、古くなった米でも美味しさがアップします。

力技以外のなんでもないわけですが(笑)

最近はフードプロセッサーに精米機能がついたものもあり、そこそこお手頃な価格で入手できます。

この手の機械はあればあったで食卓が豊かになるので、無駄にはならないと思います。

スポンサーリンク

夏場のご飯に入れたい添加物

さて本題。添加物でご飯をパワーアップさせましょう。

といっても、そんな大したものではありません。なんの変哲もないグルタミン酸ナトリウムとグリシンを入れるだけです。

グリシンは通販で「グリシン 1kg」などで検索をすれば、千数百円程度で手に入ります。

サプリメント用としてごく少量をアホみたいな高額で売ってることもありますが、中身は変わらないので1kg単位で買った方が良いかと。

グルタミン酸ナトリウムの方は、食品添加物としても販売されてますが、要するに「味の素」です。業務用だとやはり1kgとかでお安く販売されています。

まあ、これは、別に家庭用の小瓶で売られているものとかでも良いです。

スポンサーリンク

「ケミカルブーストご飯」の作り方

作り方も難しいことは何もありません。

グリシンを1合当たり、小さじ1杯程度、グルタミン酸を1つまみ程度を入れて、いつも通り炊飯するだけです。

できれば炊く前に30分〜1時間、水につけて置いてから炊飯できるようにタイマーセットするとモアベター。

これで美味しさブーストアップする上にグリシンの静菌作用によって、かなり日持ちのするお米になります。栄養価も上がるという一挙両得な添加物の使い方です。

さらに美味しいご飯を炊きたいという人は、粉寒天を1合当たり1g、米油を2、3合当たりに小さじ1杯程度入れて炊くことで、冷えてもおいしいコンビニ風ライスを炊くことができます。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

最新の著書「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

関連記事

グリシンとは何か?

酸味料を使ってワンランク上の料理を作る

着色料使いこなし講座

ブルーカレーを作ってみよう

オススメ調味料

イベントの味再現

タイトルとURLをコピーしました