肌に合う合わないは実際に試すのが一番!ファンデーションの選び方

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2015/03/17 Vol.111 ファンデーションの選び方
改稿:2019/09/10

くられ
くられ

本日は化粧品、ファンデーションの話をお送りする!

Joker
Joker

私にはとんと縁のない話ですが・・・ああでも、動画撮影とかしてると使うこともあるんですかね?

くられ
くられ

ちょこっとだけ気になる部分を隠したりすることはあるね。ま、そういうのはともかく、基本的にしょっちゅう使うことになる女性陣の場合、肌との相性はかなり大事だよ。

Joker
Joker

ああ、使ってる化粧品が肌に合わなくて肌荒れが・・・なんて話は聞きますもんね。

くられ
くられ

人の肌は千差万別、合う合わないは試してみるしかないし。後は、スキンケアをしっかりすることだね。

Joker
Joker

日焼け止めを使い、ちゃんと化粧を落として、自作化粧水とかで保湿をして、出来ればお肌の休日を作ると・・・女性陣は大変ですね。

くられ
くられ

何、その黒一面の顔にもたまにはファンデーションでも塗ってみたらどうだね?

Joker
Joker

いやいや、それは・・・って、先生、それはドーランじゃないですか! それも真っ白な奴!

くられ
くられ

ファンデーションの元祖はドーランなので誤差の範囲!(ぬりぬり)

Joker
Joker

パンダはこの前やったからって、逆パンダにするのやめt・・・目、目に入った! 痛い!

ヘルドクターくられのファンデーション講座

ファンデーション。

シミ、そばかす、小じわ、毛穴、ほくろなどを隠したりと、何かとお世話になる基本の化粧品ですね。

今回はこのファンデーションについて、科学的な視点も交えてあれこれと見ていこうかと思います。

さて、まずは成分から。

ファンデーションの成分は、微粉末の酸化鉄や、マイカと呼ばれるキラキラしている雲母粉末、酸化チタンや酸化亜鉛などです。これらの一部は日焼け止めの自作回でも紹介したように、ごく普通に化粧品の原料として意外に簡単に手に入ったりします。

こういうものを組み合わせて肌の色を作っているわけですね。朱色や紫、青などを微量足すことで美白に見せたりすることもあるようです。

そして、基本的には、100円均一で売られているものも、百貨店で数千円で売られているものも、中身はだいたい同じです。

スポンサーリンク

インチキ成分には気をつけよう

「中身が変わらないんだったら100円のでいいじゃない・・・」となりそうですが、さにあらず。

もちろん、それで問題ないという人もいるでしょう。しかし、高い商品は高い商品なりに、配合比率や乳化方法を極めてよく考えて作っています。

そういう意味では、それらの「配合方法」にお金を払う、技術料的なものと考えるべきでしょう。

一方で気をつけなければならないのは、インチキ成分を謳っているもの。例えばマリンコラーゲンとかプラセンタ配合とか、そういう胡散臭い成分を売りにしているのは、そうした地道な努力をしていない商品が多いので対象外にした方が良い。

マリンコラーゲンやプラセンタとかその辺はまた別に記事があるので、それについては関連記事をどうぞ。

高いのにも理由がある商品と、ただボッタクリなだけの商品。別に化粧品に限った話でもないのですが、こと美容成分に関してはアレなものを見かけることが多いので、よくよく注意しましょう。

スポンサーリンク

自分にあったファンデーションを探すには?

では、具体的にはどんなファンデーションを使うのが良いか、と言いますと。

こればかりは、実際に付けてみて自分で決めるしかありません。

「なんだよ」と思われるかもしれませんが、万人にOKみたいな都合のいい話はなく、どの商品が良いなんてことはなんとも言えないのです。

付け心地は最高でも、後になってかぶれたり、湿疹が出来やすくなるとか、赤く熱を持った感じになってしまったりと、肌に合う合わないは実際に使ってみなければわかりません。また、防腐剤が無添加であるとかも、腐敗しやすいことを考えると一概に良いとは言えないでしょう。

さんざんオススメしている化粧水の自作にしたって、あれは長持ちしないので冷蔵保存し、短期間で使い切るのを前提にしているからこそなのです。

スキンケアの話をするたびに話題にしていることですが、人の肌は千差万別。誰かにはぴったりだったとしても、自分には合わなかったなんてことは普通にあります。

スポンサーリンク

お試し期間を設けて肌チェックをしよう

一番良いのは、化粧品店にあちこち行って、少量のものを色々と買い揃えて一週間ずつ使ってみること。出来れば、二、三日の休憩期間(付けない日)を設けるなどして、様子を観察しましょう。

自分でわかりにくければ、毎日同じ時間に朝晩二回、顔の写真をスマホで撮影して、変化を見比べてみるというのも良いでしょう。

最後に気をつけなければいけないこと。最初に触れた通り、日焼け止め系の成分がファンデーションにも含まれており、それに乗っかる形で「紫外線対策」を謳っていることもありますが、過信は禁物です。

紫外線対策は、専用のクリームでないとあまり効果が無いことが多く、化粧のノリ以前に、肌の老化を促進することがはっきりしている紫外線対策を疎かにするほうが問題です。

スポンサーリンク

関連記事

昔よく日焼け止めに使われていた酸化鉄などの話

りりか先生の調合コスメ

自作化粧水でスキンケア!

プラセンタの話

アイプチの科学

宣伝

「アリエナイ理科ノ大事典」改訂版が発売されました!

大好評につき早くも第4刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました