自作化粧水

スポンサーリンク
美容と健康

冬場の乾燥対策:ガサガサの唇に潤いを!ぷるぷる唇を取り戻す裏技!

冬場の乾燥対策。スキンケアであれば自作化粧水をおすすめする、というのはいつもの事ですが、今回は「唇」について。乾燥してガサガサになってしまった唇を、ほんの2、3日でぷるぷるに戻すための裏技をご紹介します。
美容と健康

冬場でも日焼け止めは必要!スキンケアの基本をおさらいしよう!

今回は、スキンケアを簡単におさらいしていきましょう。さて、まずは基本となる三本柱から。衛生・保湿・紫外線対策、この三つが大事だという話です。特に見過ごされがちなのですが、冬場であっても紫外線対策は重要です。
動画

科学動画一覧:【主役は我々だ!】コラボ動画 21-25

超人気実況集団「主役は我々だ!【グルッペン・フューラー】」さんとのコラボ企画!マッドでサイエンスな超ハチャメチャ爆笑科学動画シリーズの一覧、および関連するポータル記事などをご紹介します。今回は第21回から第25回まで。お楽しみください。
生活と科学

薬も過ぎれば毒となる?薬局で売られている薬の安全性の話

「薬局で売られている毒ってありますか?」という質問をされることがたまにあります。結論から言えば、薬局などで売られている薬剤、つまり「薬局の薬」で殺人や自殺というのはできません。今回はそんな薬局と薬剤の安全性の話をお送りします。
美容と健康

殺菌石けんの使用禁止成分の話:大事なのは「用途」である!

FDAの発表を受け、薬用石けんだのデンタルリンスだの、今でもちょっと検索すると「未だに禁止成分が入っている製品はコレ」みたいな情報が飛び交っていたりします。今回はそんな、殺菌石けんの有害性についての話をご紹介しましょう。
美容と健康

冬でも日焼け止めは必須!夏に受けた肌ダメージを今こそ回復させる!

夏の紫外線でのダメージが、冬の乾燥で確実なものになる。これが日本で最も多いタイプの肌へのストレスなので、実は冬こそ肌を再生させる最も大事な時期と言えます。冬場であっても、しっかりと紫外線対策をしましょう。
美容と健康

季節の変わり目の頭皮トラブル:その腫れ物、洗いすぎが原因?

日本の冬は気温が下がり、空気が乾燥していきます。従って、それにあわせたスキンケアをしてやらねばなりません。今回はシャンプー、そして頭皮の健康についてクローズアップしていこうかと思います。たびたび触れている事ですが、洗いすぎも良くないです。
美容と健康

ヘルドクターくられの洗顔講座:洗いすぎても肌トラブルの原因に!

皮膚表面が弱酸性であることは、某微妙セッケンのCMでご存じの方が多いかと思いますが、某微妙セッケンの是非は今回は置いておくとして、そもそも肌はどうして弱酸性なのでしょう?今回はその辺を踏まえた上で洗顔についてお話ししましょう。
美容と健康

冬場の乾燥シーズンのスキンケア:タイプに合わせたお肌の手入れを!

大気の湿度がいっきに下がり快適な陽気となっていますが、湿度が下がったということは乾燥しているということ。お肌の大敵である紫外線は和らいだものの、今度は保湿をしないと夏のダメージがきます。今回はお肌のタイプに合わせた手入れの仕方を紹介します。
美容と健康

頭皮をマッサージして頭痛や肩こりを解決!毛根も元気に!?

頭皮はマッサージをする先としてはけっこう盲点になりやすいところなのですが、顔という超動く筋肉を上から支えている皮膚組織であり、首から上の血流が悪くなってくると頭皮にもその影響は色濃く出ます。頭皮のマッサージは肩こりや頭痛に効果ありです。
美容と健康

頭皮の保湿にグリセリン:頭皮のケアにも自作化粧水が効果アリ!

スキンケアの仕方も、季節に合わせたものが必要になってきます。乾いた空気が吹きすさぶ秋・冬は、他の季節に比べてより保湿に気を配らねばなりません。それは頭皮についても同様で、フケが増えたように感じる人は特に注意した方がいいでしょう。
美容と健康

【スキンケア】ヘルドクターくられ推薦・自作化粧水の詳しい作り方

あちこちで話題に出しているので、すっかりお馴染みになってしまった自作化粧水。今回は、美容における化粧水の役割と、なぜ自作が良いのか、そして作り方を改めておさらいしていこうかと思います。
美容と健康

【スキンケア】乳液は原則不要!顔の皮脂による保湿力を高めよう!

乾燥が気になる季節といえば冬です。しかし、湿度が多い時はともかく、涼しくなってくると紫外線は減るものの、肌のカサつきが気になる方も多いでしょう。今回は乾燥肌について、そして、原則的に乳液は不要である事について解説していきます。
美容と健康

自作化粧水でスキンケア!正しい保湿方法で肌の潤いを保とう!

今回は肌の保湿についてご紹介していきます。保湿は化粧品の中でも重要視されていますが、勘違いが最も多くまかり通る部分でもあります。保湿の意味をはき違えると皮膚を痛めるだけです。正しい保湿の仕方を確認しましょう。
美容と健康

科学的に正しい洗顔のお作法:顔の若さを保つためのケアとは?

皮膚科の本には当たり前に書いてあることなのですが、一般に浸透していない「当たり前の話」として洗顔の方法というものがあります。洗顔なんて正解も不正解も無さそうですがさにあらず。若さを保ち、実年齢より若く見られたいのであれば、ケアが必要です。
タイトルとURLをコピーしました