【じょかセレクション】お手軽おつまみ・アスパラチーズと生ハム巻き

生活と科学
アスパラの生ハム巻き
スポンサーリンク

初出:2020/07/21 Vol.390 お手軽おつまみ・アスパラチーズと生ハム巻き

Joker
Joker

本日は、アスパラガスを使ったおつまみをご紹介していきまーす(ヒック)

くられ
くられ

既に酔っ払ってるじゃねーか(笑)。なんだそのビールの空き缶タワー・・・

Joker
Joker

いやー、先に下処理だけ済ませておけば、後はそれほど刃物も使わないもんで・・・茹でたてのアスパラ一本でビール一本くらいは飲めません?

くられ
くられ

知らんがな・・・とりあえずそんな何リットルも飲むものではないと思うんだが。

POKA
POKA

はっはっは。本当に酒が絡むとダメな大人になるな! でも、この生ハム巻きは美味しそうなので一本もらおう!

Joker
Joker

ビールにも飽きてきたので、次はワインを開けましょうか。何、赤と白それぞれ一つだけにしておきます。一つだけ!

POKA
POKA

ああ、そういえば搬入を頼まれていたな。どっこいしょ!(ドン!)

くられ
くられ

ワインの単位が樽なのはいくらなんでもおかしくね?

アスパラガスで作るお手軽おつまみ

どうも。Jokerです。メルマガ掲載時、ちょうどくられ先生のコラムがアスパラガスにまつわる科学トリビアでして、それを読んだ私は「そうだ、アスパラ食べたい」と思ったのです。

そちらのコラムは公開次第、関連記事に追加しておくのでそちらからぜひ。そんな訳で今回は、アスパラガラスを使ったお手軽おつまみをご紹介しようと思います。

アスパラというのはなかなか使い勝手の良い野菜で、ごく基本的な下処理の仕方さえ押さえておけば、シンプルに料理してもちょっと手をかけても美味しくいただけるものです。

串揚げのお店や一部の居酒屋さんで見かける「アスパラ一本揚げ」みたいな、太いアスパラに衣をつけてそのまま揚げたのとか、ソースをどっぷり付けて食べるの最高に美味しいんですよね。ビールが進む進む。

とはいえ、そういう料理はちょっとご家庭だと、ましてやこの時期の揚げ物とか暑くてしんどいので(笑)、今回はささっと作れるものということで。

スポンサーリンク

アスパラの下処理

まずはアスパラの下処理の仕方から。まあ、どこのレシピサイトを見ても載っていることですが、アスパラは根元の方が硬いので、ここを取り除いてやる必要があります。

やり方はとても簡単。手で硬い部分を持って、もう片手でアスパラの真ん中付近を持って折り曲げてやると、硬いところがポキっと折れて取れます。

次に、この硬いところを取っただけだと、根元の筋っぽい硬い皮が残ったままになるので、数cmほどピーラーで皮を剥いてやります。

この辺、アスパラのサイズなどによって違いがあるので、あくまで目安ということで。

スポンサーリンク

アスパラの生ハム巻き

アスパラは茹でてもソテーにしても美味しいんですが、シンプルに茹でて食べるのも非常に美味しい。

ということで茹で方ですが、アスパラの場合、フライパンを使って茹でるのが、切らずに茹でられて良い感じです。

使う水の量も減らせるので、早く沸騰するし、フライパンを茹でに使うのは他の料理でも有効なテクニックだったりして。

後で切るにしても、茹でる場合はなるべく切らず(切っても半分にするだけとか)にした方が、のちのち水っぽくならずに済みます。オクラの時にも触れたことですね。

スポンサーリンク

フライパンでお湯を沸かして、塩を小さじに1杯ほど入れて、1分30秒から2分程度が茹で時間の目安です。

これは太さによるので、慣れるまでは試しに茹でてみて好みの加減を覚えると良いでしょう。

あんまり茹ですぎるとせっかくの食感が台無しになってしまうのでご注意。茹でた後は冷水にとって、水気を切ります。

後は、マヨネーズでもつけてかじればそれだけでも美味しい訳ですが・・・ここで生ハムを巻きつけてやると、一気に「おつまみ」な感じになります。

ちょっとブラックペッパーを振り、マヨネーズを添えてどうぞ。一緒にチーズを巻いてやってももちろん美味しいです。

「アスパラの生ハム巻き」はビールにもワインにもよく合います。

スポンサーリンク

アスパラのチーズ焼き

さて、続いてご紹介するのが「アスパラのチーズ焼き」です。

もう字面だけで美味しいのは確定的なんですが(笑)、この料理の良いところは、とにかく簡単で、火を使う必要がないところ。

短時間で済ませても火を使うのは暑かったり面倒だったり洗い物が増えたりして大変ですからね。チーズ焼きは耐熱皿があればそれで良いので本当にお手軽です。

作り方は、下処理を済ませたアスパラ(茹でなくて大丈夫)を適当な大きさに切って耐熱皿に並べ、あるならベーコンを切って乗せ、好きなだけチーズをかけて、電子レンジでチーズが良い感じになるまで加熱すればOKです。トースターでやってもよし。

仕上げにブラックペッパーや乾燥パセリなんかを振り、お好みでタバスコをかけたりして食べましょう。ばっちり美味しいです。

スポンサーリンク

ピザトーストに流用しても美味しい

ちなみに、これ、食パンにケチャップなりピザソースなりを塗って、上に載せてトースターで焼いてやると、美味しいピザトーストにもなります。

余った材料で翌日の朝ごはんに流用とかできるのでこちらもオススメ。

なお、ピザトーストは、シンプルな具材で作る場合、オイル漬けのセミドライトマトとか載せてやるとびっくりするほど化けます。

その昔、例によってくられ先生に作ってもらって「うまー」と思った逸品です。ケチャップとチーズとセミドライトマトだけなのにメチャメチャ美味しかった。

スポンサーリンク

シンプルなソテーやパスタも美味しい

というわけで、おつまみの紹介でしたが、アスパラにベーコンがあるなら、バターやオリーブオイルでソテーしても美味しいので、この辺は好き好きですね。

ソテーの場合、お好みのキノコ類を追加してもこれがまた美味しい。さらに言うなら、パスタを茹でておいて、フライパンの中のソテーに白ワインを少々加えて、アスパラとキノコのパスタにしても美味しい。

耐熱のボウルに、卵にたっぷりの粉チーズでカルボナーラソースを作っておいて、作ったパスタを投入、手早くかき混ぜて器に持ったら、ブラックペッパーをたっぷり・・・「アスパラベーコンのカルボナーラ」とか、いろいろと応用が広がっていきます。

料理に使った白ワインをそのまま飲みながら、休日の一皿に・・・というのも最高な訳ですが、ここまでいくとお手軽でもなんでもないので(笑)、おまけということで。

スポンサーリンク

関連記事

アスパラガスにまつわる科学トリビア

火を使わないお手軽おつまみ

その他おつまみシリーズ

アスパラとトマトも相性良いので、ソーセージのトマトパスタにアスパラを入れても美味しい

美味しいカルボナーラの作り方

「じょかセレクション」記事一覧

じょかセレクション
「じょかセレクション」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました