【若さと健康】ダイエットは体質の改善、生活の改善が本来の目的!

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2016/10/25 Vol.195 どうして痩せないか

Joker
Joker

頑張って運動してるんですが、痩せません先生!

くられ
くられ

そりゃ生活態度が良くないのだよキミィ!

どうして痩せないのか?

実際のところ、運動不足の人が全身を使う運動であるマラソンを30分がんばってやっても100キロカロリー程度の消費でだいたいの人が次の日は筋肉痛で動けない。おまけに運動しまくってもプチシューをぱくっと食べたらカロリー的にはチャラになってしまうわけです。

しょうがないよね。プチシュー美味しいし。

まあそんな訳で、ちょっとやそっとの運動で即、痩せるなんてことはありません。当たり前の事ですが、だからこそダイエットというのは体質から改善しなくてはいけません。そもそも体質の改善、生活の改善こそが「ダイエット」の意味で体重を減らすのが目的ではありません。

じゃあ運動しなくてもいいのかというと、もちろんそういうわけではありません。日頃から言っている通り、運動することはとても大事です。この辺は、痩せるために運動するのではなく、健康を維持増進するために、という話でして。

痩せるだけなら単純に消費カロリーを上回るほどカロリーを摂取しなければいいんですが、運動しないと筋肉から痩せていくんで、これがよろしくない。筋肉量が減ると基礎代謝も落ちますし。

スポンサーリンク

健康な基礎代謝とは何か?

そもそも人間は何もしなくても1日に女性は1800キロカロリー、男性は2000キロカロリー程度のエネルギーを使います。これは体温や神経の恒常性を維持にもっぱら使われており、寒ければ脂肪を熱に変え身体を温め、暑ければ汗を出すために組織を運動させ水の移動にカロリーを使います。人間の身体の7割近くが水ですから40〜50キロの水を常に36度台に安定させるにはそれなりにエネルギーを必要とするわけです。

これが基礎代謝です。筋肉量が増えると基礎代謝が増すので、だから運動が大事だという側面もあります。故に、基礎代謝をアップすることこそ、若さと健康を手に入れる唯一の方法だと、そう言ってしまって良いでしょう。

油と過剰な砂糖さえ取らなければ、1日の摂取カロリーは2000を超えるのは難しいので、軽い運動と油物を避けた食生活をしていれば半年もあれば本来スッキリしていくはずなのですが・・・まあ、なかなかそれが出来ないので、みんな困ってる訳です。

そして、かつて「多少の副作用があっても無視出来る範囲であれば・・・」というコンセプトで執筆したのが、絶版になった拙著「デッドリーダイエット」だった訳です。

まあ、この辺の話は、かつて同人誌として出した「不完全美容指南」でもちょいと触れています。

不完全美容指南
アリエナイ理科の著者が贈る、ニセ科学に騙されない為の【本気の】若返りレクチャー本!男も女も必見の充実内容、かつて同人誌として発売され、あっという間に売り切れた本書が、内容はそのままに電子書籍になって復活しました。

だいぶ前に出したものなので情報がアップデートされていませんが・・・最新情報はまたいずれ、何らかの形でご紹介する事もあるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました