アケコンを改造して半固定台化!格ゲーを快適にプレイしよう!

生活と科学
半固定化したアケコン
スポンサーリンク

初出:2019/03/26 Vol.321 格ゲーを快適にするために

くられ
くられ

よっしゃ!入った、これはイケ・・・はぁ!?何今の謎判定!ふざけんなこのXXXXX!ムキャーーーー!!!(ガチャガチャ)

Joker
Joker

いやあ、熱中してますね、先生。

くられ
くられ

ふー、楽しかった。しかしXXXはいい加減弱体化されないものか・・・

Joker
Joker

先生、あれだけ派手に動かしてるのにコントローラーがブレないのは何か細工してるんですか?

くられ
くられ

そりゃー、台とアケコンをくっつけて固定してるからね。位置ずれすると困るし。

Joker
Joker

へぇ〜〜、おお、本当だ。ボルトでガッチリですね。

くられ
くられ

せっかくだし、作り方を紹介しよう。

アケコンの改造

格闘ゲームをするにはアーケードコントローラーというものがあるといい。

もちろんゲームパッドでやってもいいのですが、格闘ゲームはアケコン前提で技などが設定されているので、パッドだとどうしてもプレイしにくいのです。

また、おうちで腕前を磨いて、実際のゲーセンでそのままの感覚でプレイできるというのも、アケコンの魅力です。

そんなわけでおうちでアケコンを使う人も多いのですが、おうちでアケコンを使う場合、コントローラーが移動しちゃいがちという点が困りものです。

レバーをかぶせて持つ人はよいのですが、ワイン持ちの人や、タメ技(レバーを一定方向に入れてから別方向に入力することで技が出る)キャラの場合は、コントローラーの位置ずれは死活問題です。

そこで、アケコンを半固定台化する方法を自分はやっています。

ベースにしたアケコンはこちら

今は新モデルが出ているようです。

完成形はこんな感じです。では、早速作り方を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

台を用意する

まず用意するのは、アケコン置きの台。

自分はホームセンターで売られていた端材でちゃっちゃと組み立ててしまいましたが、それも面倒な人は家庭用のステップ台(ちょっとした高台のモノをとるときに使う踏み台)を買ってくると安く上がります。

これに上面と同じサイズの底板を用意すればOKです。

底面などはホームセンターでカットしてもらうか、ネットだと、加工業者経由で購入する感じになります。

集成材・木材の加工通販、DIY 日曜大工なら木材加工.com
集成材・木材のカット、加工、塗装が自動見積り・注文できるオーダーメイド木材通販・販売専門店。幅広い樹種の集成材を通販しています。木材加工シミュレーションは3D画面にて確認OK!
スポンサーリンク

アケコンを加工する

次にアーケードコントローラーの底面をガッツリ外します。

外したら、底に8.5mmくらいのドリルで2カ所底板に穴を開けます。安い電動ドリルがあればこれくらいの加工は誰にでもできます。

そこにM8の長いボルトを入れます。ハンダでとめるのでユニクローム(安い金属)のものよりステンレスのほうがいいです(自分はユニクロにして苦労した)。

盤面の裏に長ボルトをハンダで固定します。

ハンダで接続するのに必須なのがフラックスという液体。フラックスを先に穴とボルトのスキマに流し込んでそこをバーナーで炙りまくります。

バーナーがない場合はポケトーチなんかでも大丈夫です。

フラックスを炙ると蒸発してハンダが乗りやすくなります。

そのままハンダゴテが無くてもハンダ線を延ばしてバーナーで溶かして穴とボルトを融合させてしまえばOKです。

くれぐれも火事には気をつけて、自信の無い人はベランダなどでやりましょう。あとは冷ました後ゲーム機に戻して台座に今度は穴をあけます。

ボルトの先に朱肉か鉛筆のカスなどをつけて印がつけれるようにして、台に穴を開けたい丁度良い場所に目印をつけます。あとは、9mmくらいの少し大きめのドリルで穴を開けちゃいましょう。

ここの穴は少し余裕がないと入れにくくて困ります。

あとは蝶ナットという手締めがしやすいナットと、ワッシャーで台座に固定します。

こんなめんどくさい固定をせずに、接着剤とかでいいやんけとなるかもしれませんが、アケコンは裏面からレバーやボタンの交換をすることが前提なので外せないと困るのです。

うまく固定さえできれば、ファスナーテープなどでも固定ができそうなので、その辺は各自アレンジしてみてもいいかもしれません。この工作が正しいというわけでもないので。

あとは台座の底面にレンガを入れます。2個くらいいれれば少々派手にレバガチャしてもぜんぜんぶれません。台座の底にカーペットのずれ止め(100均でも売ってる)なんかを敷けばより確実な固定が可能です。

もとの状態に戻したらゲームで動作確認をします。

レバガチャを思う存分してもゲームセンターの台のごとく完璧にブレない良いゲーム台が出来上がりました!!

スポンサーリンク

関連記事

ハンダ付けに便利なフラックスペンの自作

【機械王の休日】道具を作ろう!ハンダ付け用フラックスペンの自作
市販のフラックスは比較的濃い目であり、用途によっては薄くても良い場合があります。今回はハンダ付けに使うので、市販品を10倍程度に希釈するのが良いでしょう。また、刷毛ではなくペンにした方が何かと便利なので「フラックスペン」を自作してみます。

今回は使いませんでしたが、オススメのハンダゴテの記事はこちら

【機械王の休日】電子工作のお供:こだわりのハンダゴテ
今回は、電子工作といえば付きものの工具、ハンダ付けに使うハンダゴテについてです。ハンダゴテにもピンキリがあり、最近はダイソーなどで数百円程度と安価に調達できますが、使い捨てるような形になってしまうため、高くても良いものを使うべきです。

高温で熱処理をする場合、園芸で使うパーライトが断熱材として優秀です

【機械王の休日】断熱材の科学:パーライトを断熱材に応用する
一般的なガーデニング用品であり、どこのホームセンターでも普通に売っているパーライトというものがあります。このパーライトは多孔質であり、水分を蓄えやすいだけでなく、断熱性にも優れているので、今回は即席の断熱材として使ってみます。

宣伝

大好評につき早くも第4刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました