【悪魔のオススメ】iPhoneのケーブルとMFi認証の話

リテラシー
スポンサーリンク
くられ
くられ

iPhone用のケーブル、やたら高くね?

Joker
Joker

高いですよね。だからまあ、Lightning廃止してUSB-Cにしようぜっていう人がたくさんいるわけで。理由はそれだけじゃないですけど。

くられ
くられ

独自規格だと他に使い回しも出来ないし昔から嫌われるっていうのはあるけどね。

Joker
Joker

とはいえ、この高いケーブルにもそれなりの理由があるんですよ。探せば安いものもありますしね。

くられ
くられ

ふーん、ところで最近だとワイヤレス給電とかも出てきたみたいだけど、それは・・・

POKA
POKA

はっはっは。ワイヤレスで電気をビリビリしたいならここに大変良いものがあるぞ!

くられ
くられ

いや、充電するのと感電するのでは全然話がアバババババ!

Joker
Joker

POKA先生は平常運転ですね・・・

iPhoneのケーブルが高い!

さて・・・ぶっちゃけ、iPhoneのLightningケーブルってくっそ高いですよね。

公式価格で税込みだとおよそ2000円もします。ノーマルの1mでこれで、2mだと倍からそれ以上。その上、出たての頃に比べればだいぶマシになったとはいえ、コネクタ付近が破断しやすいのも困りものです。

一応、保証期間内で破損がひどくなければ無償交換はしてもらえるのですが・・・

まあ、なんというか、ぼったくり商売感がしますよね。普通のUSBケーブルであれば、数百円程度で、まあ何か付加価値がなければ1000円を超える事はない訳ですから。しかし、互換品のケーブルでもUSBケーブルほどLightningケーブルは安くありません。

スポンサーリンク

Appleのお墨付き「MFi認証」

なんでかというと、MFi認証という仕組みが絡んでいます。

MFi認証とは、要はAppleのお墨付きです。「Made for iPhone」っていうロゴ、見た事ありませんか? アレの事です。

このMFi認証にはライセンス料がかかります。Appleが上前をはねていく分、価格が高くなる次第。ケーブルだけじゃなくてアクセサリの類もそうです。

なんだよやっぱりそういう商売かよ、とプンスコ怒りたくもなる話ですが、まあこれにも事情というものがあります。

スポンサーリンク

MFi認証は粗悪品を防ぐための仕組み

というのも、Appleからすりゃー世界中で大量にiPhoneを売ってる訳で、品質が担保できない粗悪品のケーブルやアクセサリのせいでiPhone本体がぶっ壊れたり、爆発したり炎上したりするのはメッチャ困る訳です。

POKA先生の記事とか見てればわかると思いますが、リチウムイオンバッテリーは取り扱いを間違えると以下略なので、きちんと規格に沿ったものにしてくれよ・・・って話。

実際、粗悪品のUSB扇風機での故障事例があります。

【注意】スマホに差して使う携帯扇風機、製品によっては端末が壊れる恐れ | カミアプ | AppleのニュースやIT系の情報をお届け
だんだん夏も近づき暑くなってきましたが、ちょこっとした便利アイテムとして売られている携帯用扇風機の中にはスマホに接続するタイプで端末が破損する事例が報告されています。
スポンサーリンク

非認証品は動作しない場合もある。

加えてまあ、Dockコネクタ時代は「Appleに上納金は払えんのじゃー」と、非ライセンスの安物が大量発生した結果、Lightningでは認証チップが載るようになり・・・みたいな歴史もあります。

今でもやけに安いLightningケーブルはMFi認証品じゃないので認識されなかったり、かろうじて使えていてもiOSのアップデートで使えなくなったりするので、きちんとした認証品を使うようにしましょう。

Appleが公式でお墨付きを出している、ということは、その分だけ安心して使える、という事でもありますからね。

スポンサーリンク

オススメのLightningケーブル

・・・と、ここで締めてしまうとただのApple信者の礼賛記事になってしまうので、私自身が実際に使っているオススメのケーブルを紹介しようと思います。

つっても前述の通り、MFi認証通ってる時点で品質は担保されてるので、後はお値段ですね。高耐久を謳っていてもケーブルなんかは壊れる時は壊れるので。そういう意味で、ある意味使い捨てにもしやすいのが、Amazon Basicsのものです。

純正品と比較するとやや固めに感じますが、耐久性も悪くなく、お値段は長さにかかわらず1000円程度です。私は180cmの製品を愛用しています。

充電しつつゴロゴロしながらiPhoneを使うのにちょうど良いので。価格などはセールなどで若干変動するので、購入時点でチェックしてみてください。

スポンサーリンク

USB-C対応のLightningケーブルの話

最後にひとつ。同じLightningケーブルでも、USB-C対応のケーブルは、2018年10月時点では、Appleの専売品です。

Lightning コネクタアクセサリの偽造品や模倣品を識別する
Apple では、MFi バッジが付いた Apple 認定のアクセサリに限りご利用をお勧めしています。Lightning アクセサリの偽造品や模倣品が原因で起きることのある諸問題や、そうしたアクセサリを見分ける方法について説明します。

なので、現時点で出回ってるサードパーティー製のUSB-C Lightningケーブルはすべて非ライセンス品なのでお気を付けください。「おいおいAppleお前がUSB-C推進せんでどうすんのじゃボケ」という気分ですが、一応ライセンスする気はあるみたいで、2019年の中頃には互換品も出てくる見込みかと。

Apple、サードパーティ製USB-C - Lightningケーブル製造を認可する方針 | NEWS | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)
IFA2018に出展していた複数メーカーの情報として、Appleは、MFi ライセンスプログラムに参加するデベロッパーに対して「Apple USB-C - Lightningケーブル」のサードパーティ製品を認可する方針であることを伝えた...

さて、やたら長い話になってしまいましたが、今回はこの辺で、ということで。

スポンサーリンク

※2021/12/2 追記・今ではUSB-Cケーブルももちろんある

と、かつてはApple 専売品だったUSB-C Lightningケーブルですが、今ではちゃんとMFi認証されたものが出回ってます。

Apple純正品は1mで1,980円、2mで3,850円です。

で、サードパーティーのものは品物次第ですが、1mでも2mでも千円程度で買えるようですね。

私は変換コネクタを使っており、更に汎用性は未だUSB-Aの方が上なので、あえてこちらは選びませんが、まあ千円程度なら必要に応じて新しく買ってもいいんじゃないかな、と。

ちなみに、ラジオライフでも推しグッズとしてUSB-Cのマルチポート変換アダプターを紹介したことがあります。今買うならこういうのでしょうか。なかなか便利です。

スポンサーリンク

関連記事・動画

オススメのiPhone

iPhone実用テクニック各種

タイトルとURLをコピーしました