くられ先生のお悩み相談室:恋の悩みを科学で解決する!<前編>

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2019/09/10 Vol.345 科学的 恋の悩み相談室<前編>

くられ
くられ

本日は「恋のお悩み相談」をお送りする! 今回は前編!

Joker
Joker

なんか普段バラエティっぽいのに、先生、路線変更ですか?

くられ
くられ

いやいや、この前たまたま受けた相談なんだけどね、これが人間関係のあり方としてあれこれ大事な部分があってね。

Joker
Joker

ふむふむ・・・お題は「一目惚れ」と。コミュニケーションが一方通行だと相手側は困りますよね。

くられ
くられ

なので、今回はその辺の、コミュニケーションや自己認識について触れていこうと思う。

Joker
Joker

・・・ところで、結局のところ、モテるようになるんでしょうか、先生。

くられ
くられ

しらん! 結局、自分と相手次第である!

恋のお悩み相談

毎月1回「〜の主役は我々だ」さんとの有料配信にゲストとしてお邪魔しておりまして、そこで「お悩み相談」を行ってます。

基本的に「〜という具合なんですがどうしたら?」とか「上司の口臭が〜」みたいなお悩みを科学的に切っていくみたいなザックリしたバラエティトークなのですが、先日ちょっと毛色の変わったモノを取り上げました。

悩みの内容は

「先輩のことが好きになってしまった。接点も何も無く話もできない状態だけど、告白したら・・・」

といった甘酸っぱいお悩みです。

この悩み相談、別に科学的に答える話でもなんでもなさそうなのですが、いろいろ大事な要素が隠れているので取り上げました。

スポンサーリンク

恋愛に限らず人間関係はコミュニケーションの重大要素

人と人の関係というのは恋愛だけでなく先輩と後輩、教師と生徒、上司と部下、あらゆる社会の現場で人と人のコミュニケーションにおいて大事な要素です。

そもそも学校というのはそういった場でコミュニケーションを学ぶ場でもあるので、そこで失敗するとぶっちゃけ社会に出てからというか一生苦労することになります。

この辺の解釈を難しくすると社会心理学という学問になり、人間と人間の反応を学問として研究されています。しかしこの社会心理学である程度解明されていることを知ることでコミュニケーションを円滑にすることができます。

理論ばかりになって頭でっかちで動けなくなっても本末転倒ですが、エッセンスぐらいには社会心理学の本を読んでみるといいかもしれません。

さて、今回の悩みですが、これすごく大事な要素が含まれています。

「接点も何も無く話もできない状態だけど、告白したら・・」

という点です。よくある一目惚れですね。一目惚れからの告白は思いの一方通行なので、そこが問題なのです。

スポンサーリンク

一目惚れにおける彼我の認識の違い

大好きな対象について好きな人はその人をずっと目で追いかけていて、仕草や、動き、はたまた何が好きなんだろう、お弁当はこんなのを食べるんだ・・・音楽は何を聞いてるんだろう・・・と好きな人について知りたいからずっと見ていますね。これは「一方的に知っている状態」といえます。

しかし、見られている先輩は質問者のことをおそらく「顔は知ってる」程度の認識で終わっているかと思います。自分が見ているから自分が知っているから相手も自分のことを知っている・・・というのはあり得ませんよね?

つまり、「一目惚れしました! 好きです!」と言ったところで、「え? 誰?」なのです。そもそも可も不可も無いのです。

それでも成立する場合はなんとなく容姿や格好から自分の好みから逸脱していなければ「じゃあまずはお友達程度に付き合って・・・」と成立することもあります。まぁ見た目がそこそこで自分に好意を伝えられて嫌な気持ちになる人は少ないです。相当生理的に無理な場合などはともかく、例え好みの相手でなくても好意を持たれたことに嫌悪はあまり持ちません。

しかし、この成功情報からイケメンや美人でないと恋愛は成功しないみたいな謎神話が生まれるわけです。

スポンサーリンク

自己認識のあり方

ぶっちゃけ容姿は姿勢良く、不衛生でなければ人間はよっぽどのことがない限り超ブスにはなりません。だいたい自分でブサイクと思っている人は、そういう「諦め」の上に「自己認識」を載せている状態です。

つまり自分が嫌いなわけです。

夜の街のオネエの言葉を借りると「ブスにあぐらかいてんじゃないワよゥ!」って感じ。

自分が嫌っているものだけど人には好いて欲しいというのは態度からして卑屈になって「キモい要素」になりがちなので、そもそも好かれないようにしているのに好きになって欲しいという理屈を押しつけることにもなるわけです。これはいけません。

人を好きになってその意図を伝えたいならまずは自分を大事にして(決して自分最高のナルシストという意味ではなく)その上で、出来る努力をしてから相手に挑むべきなのです。

世の中をみているととびきりの美人でも自己肯定感の低い人はブサイクに見えるそぶりや表情(猫背で眉間に皺を寄せて口をへの字にしていたり)が固定化されている人もいます。凄くもったいないです。

話が逸れてしまいましたw 次回は後編として、悩み本体を心理学的にさらに紐解いていきましょう。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

最新の著書「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

関連記事

恋のお悩み相談、後編はこちら

「科学的恋愛指南講座」記事一覧・全8回

科学的恋愛指南講座
「科学的恋愛指南講座」の記事一覧です。

IQギャップが招くコミュニケーション不全

「コミュ障」は訓練して直そう

心理学講座:自分に自信を持って環境に適応する

タイトルとURLをコピーしました